140字

Twitterは140字までしか投稿できない。

140字は長いか短いか? 実際、140字は結構長い。長いとして有名な寿限無でさえも数えてみれば100字ちょい程度しかない。というか、それさえもポンポコピーポンポコナーのくだりでだいぶ稼いでる。ポンポコピーって縁起いいのだろうか。

 

ここまで書いて140字。結構いろいろなことが書けてしまうなと思う。同時に、ここまでの文章でいろいろなことを伝えられたかというとそうは思わない。何かを伝えようとすると140字というのは、やっぱり短い。

でもだからこそ、Twitterは特になにか伝えたいことがあるわけでもないけど言葉が好きな僕には実に居心地のいい場所である。そんなことを考えていた時、ふと思ってしまった。

いざ何か伝えたくなったらどうしよう。

 

困った。いざそうなっても、手段もないし腕もない。長い文章を書くというのはそれだけで結構難しいものなのだ。考えるのも恐ろしい話だが、そもそも長い文章を書かないから伝えたいことが僕の中から出てこないのではないか。このままTwitterに順応してしまっていいのか。

 

というようなことを考えてこのブログを始めたのが一年以上前のことである。空白期間が長くなってしまった。もう一回、定期的にある程度の長い文章を書こうと思い立った。初心に帰って、昔の記事も最初のもの以外は消した。

 

縁起のいいものであっても無駄に長いとかえってよくないというのが『寿限無』の教訓の一つである。ましてや、空白期間といいわけは短いほうがいい。少しがんばって続けられたらいいな、そして読んでくれたらうれしいなと思う。

 

上の文章もまとめてしまえば「たまに長い文章の練習もかねてブログを書くのを再開しようと思う。言い訳をすると、長い文章を書く練習的な意味合いもあるのであまり文章はうまくないと思うし、伝えたいことがあるから書くというわけでもないから内容も薄いかもしれない。それでもたまに読んでくれるとうれしい」という内容だ。残念、140字以内に収まってしまった。