僕らはみんなズレている。

「あなたの趣味はなんですか?」

 

  趣味と言っていいラインというのは、散々議論されてきた命題の一つであると思う。

この問いに対して、私なりに一つの答えを提示させてもらえるなら、私は一般人とズレた価値観だと答えたい。これはある種の"オタク"になることだと定義できる。もちろん趣味の定義には色々ある。ずるいと知りながらも、これは一つの考え方だと言い訳をさせてほしい。

 

 人は何かについて深く知ることで、新しい価値観を得る。"一般人"と異なる目を持つ。ある人はただ電車に乗るためだけにわざわざ飛行機を使い、またある人はただのデータに沢山の額のお金をつぎ込み、またある人は作品のなかの普通の人たちが目にもとめない技術を評価する。このズレはふとしたときに顔を出し"オタク"特有のキモさを生む。

 

  ある一定のレベルに達すると、"オタク"はこのズレた価値観と共生する術を身につける。それは"オタク"としての目を確立だ。これにより"オタク"は自分の中の"一般人"としての自分と"オタク"としての自分を分離する。こうすることにより"オタク"たちは"一般人"と"オタク"の価値観の交わる点を理解し、表に出す価値観や知識を選択することを覚えたり、"オタク"の価値観を発揮してもキモいと言われないコミュニティを作り上げる。これはSNS時代の"オタク"たちの身につけた擬態術である。正確にいうと、昔からこのようなコミュニティは隠れて存在していたはずなのだが最近はそのような隠れたコミュニティが"一般人"に対して可視化されはじめただけとも言える。

 

 この可視化が一つの問題を生む。あくまで"一般人"と"オタク"の接点を理解して表に出していた価値観や知識を"オタク"の知識だという一種の誤解である。この誤解により発生するのが自称"オタク"である。悲しいかな、彼らはあくまでその一部の価値観を"オタク"の価値観だと考えてて"一般人"のまま"オタク"を自称する。キモくないまま、ときに"オタク"をキモいと思う価値観を保持したまま悪気なく。

 

  この "オタク"はときに"一般人"のままコミュニティに入りこんだり、ときに"一般人"のまま"オタク"としてグループを作ってしまうことがある。結果として、コミュニティの中においても、"一般人"の判断基準としても、自称"オタク"のレベルに近づくように"オタク"のラインは下げられてキモいのラインも同じく下がることにな?。つまり、"オタク"たちがキモいと思われるリスクを高める要因となる。"オタク"たちにとって自称"オタク"たちとの価値観のズレはキモさを生む、"一般人"と"オタク"の価値観がズレているように。いや、同じ"オタク"としてそれ以上に。

 

  それでも、それでもだ。"オタク"は自称"オタク"に敵意を向けてはならない。仮に嫌悪感を感じてしまってもだ。彼らもまた、純粋に同じ趣味を楽しむ"オタク"なのだ。むしろ、一般人から見て"オタク"としてズレてしまっているのは自称"オタク"ではないもともと"オタク"たちだったほうなのだ。

 

  一つの趣味を続けて行けば、いつかは"オタク"の価値観はコミュニティからズレていき、キモくなってしまうときがくる。コミュニティにキモさを感じる時、それは自分自身がキモいときなのだ。そのキモさを認め、コミュニティの中で新しい価値観を受容(擬態)するか、そのコミュニティを捨てること、それが"オタク"  を迫害しないため、真の"オタク"が唯一できることだと僕は思う。

 

わかっちゃいるんだけど、思考と行動がズレちゃうんだなぁ。

 

ジャグリングのセンスや才能について思うことをそういう言葉を極力使わずに話す

  将来的なことを考えると料理を上手に作りたい。

  パートナーへの不満は多種多様なものだ思うが、想像するに味の好みが合わないというのは長期的にみるとかなり致命的な話ではないとかと思う。短期的に見ればいいが、長期的にみるとお互いに料理を作るのだ。 いやいや、そもそも味の好みが違うだけならいい。味自体はわかっているのだから、一応相手好みの味付けもわかるかもしれない。

  だが、例えば、味音痴の場合はどうだろう。困った、そもそも味の認知ができていない。何が外れているのかわからない。 味音痴だったらどうしよう。

 

  あぁ、いや、そもそも味音痴ってなんだ。味音痴、うまい、まずいの総合的判断が下手?塩味とか個別の味を感じる解像度が低くて、多少しょっぱくても、薄味でもちょうどいいって感じちゃう?はたまた、そもそも個別の味に対する中心値が他の人とずれてる?いやいや、そもそも分離ができなくて、何が足りないとか個別の味の判別ができないのかもしれない。当然、材料もわからないので料理の分解もできないし、個別の食材の風味を組み合わせがどのような効果を生むのか想像できないかもしれない。

 

 個人的に料理のセンス、才能と呼ばれる部分は比較的この味覚と好みの部分に多く存在すると思っている。 他に調理の技術が上がるスピードが早いとか、独創的な調理法、レシピを作れるとかもセンスなのだけど、前者は時間をかけることである程度解決できてしまうし、後者は結局最終的に完成品が味覚のバランス感覚に大きく依存する。

味覚のセンスのなさは料理の出来不出来に大きく影響を与える。改善しようにも、そもそも何が美味しいのかの判別があまりできていないからだ。さっき食べたあの料理を作りたいなぁと思って作ってみても、なにかどこかが足りない味になる。

 

  さて……ここからはもし、もしも、あなたが自分が特別味覚に対するセンスがないのではないかと思った時の対処法を少しだけ。あなたがプロの料理人になりたいわけじゃないならば、散々耳にタコだと思うのだけどなんだかんだこれがいい。

 

 1.きちんとレシピを見て作る、できれば初心者でも簡単なものから(下ごしらえや、焼き時間などなんとなくでやらない、先人に習うのがなんだかんだ良い)

2.なんとなく流行っている調味料や調理法を不用意に使うことは避けたほうが無難(味がぼやっとしてしまうことが多い、意識的に使おう)

3.誰が食べるのか考えて作る

4.美味しいものをたくさん食べる

5.作ったものは味見する

 

その上で、ちょっとだけ自分好みに味付けしよう。わざわざ奇をてらったアレンジをする必要はない、ちょっと自分好みの味付けに調整するだけで、それが独創的な味付けになることだってあるのだ。プロじゃない僕らに求められる独創性はだいたいそのくらいの隠し味でいいのだと僕は思う。

 

  

罪や罰

被験者にある人が電気ショックを受けている映像を見せる。ある被験者たちには「この人はあとで報酬をもらえるので電気ショックを受けています」という、ある被験者たちには「この人は特に理由もないけど電気ショックを受けています」という。
被験者に印象を聞くと、特に理由もなく電気ショックをうけている人の方が印象が悪くなる。

 

世の中には偶然はない。ものごとは必ず因果関係があって起こる。しかし、それは『コインを弾いて表が出たのはコインが表になるような弾かれ方をしたからだ』といっているだけの話だ。それを必然と呼ぶのはなかなかに傲慢ではないか。僕たちは人だ、サイコロを振らない神じゃあるまい。

 

人間は理由を求める生き物である。
といえば、聞こえがいいが、逆に言うと理由のないものにも勝手に理由をつけてしまいがちな生き物であると思う。

 

僕たちはたまに理不尽に特に意味もなく、罰を受けることがある。周りの誰も悪くないからといって君が悪いわけじゃない。君に罪がなくても罰があることもある。たまには、それでいいじゃん楽に行こうぜ。

 

 

 

 

『さよならアストロノーツ』

ニコニコ動画のユーザー層は10代の方が多いそうなので、大人の歌を作ってみました。そういう方達が今から10年経って社会を担うようになった時に、この曲とオレの事を思い出してもらおう!というね。これを「小林オニキス10ヵ年計画」と呼びます。

 

大人になるのも意外と悪くないですよ。

 

そんな投稿文とともに投稿された『さよならアストロノーツ』をはじめて聞いてから気づくともう9年経っていた。いろんなものを溜め込みながら僕は大人になった。

 

気持ちというのは自分の思っている以上に自分の中に蓄積しているものだと思う。例えば、一番ピンと来やすいのは怒りだ。何か小さなムカつくことがあったとして、小言の一つも言ったりするかもしれないが少し経つとなんとなく落ち着いて忘れたつもりになったりする。でもあるとき、なにかのきっかけで溢れてしまうとまぁ大変。昔、忘れたはずの怒りが湧き上がってくる。

 

すぐ思いつくのが怒りだというだけで、溜め込まれるのは当然負の感情だけではない。何度も聞いたあの曲、懸命に心身を捧げたなにか、ずっと何気なく集めてきたもの。僕たちは生きているだけで気持ちを動かされ、そういう気持ちの一部を自分の中に溜め込んでいく。

 

 

そして、あるとき、あるきっかけで自分の中で忘れていた、でも、自分の中に確かに残っていたそれが一緒に溢れるのだ。

 

久々に『さよならアストロノーツ』を聞いた、溜め込んでいた何かがあふれた気がした。

 

大人になればなるほどいろんなものが溜め込まれていく。それはいいことばかりじゃないけれど、やっぱり悪いことばかりでもない……といいなと思う。

 

 

【初音ミク】 さよならアストロノーツ 【宇宙風PV・オリジナル曲】 by 小林オニキス 音楽/動画 - ニコニコ動画

 

怖かったもの。

夏だ。夏といえば、怖い話だ。

僕は怖い話をするのはそんなに得意ではないので怖かったものの話をしようと思う。

 

幼稚園のころは、お化けが怖かった。幼稚園のバスの中で、怖い話が流行っていたのだ。

小学生のころは、飛行機が怖かった。広島の平和教育のせいだった。

中学生のころは、地震が怖かった。寝ている間に死んでしまったらどうしようと思っていた。

 

今はそのどれも怖くない。いや、怖いのだけど、昔ほどそういう感情が起こらない。なにがそこまで怖かったのか思い出せない。昔、あんなに怖かったことは覚えているのに。

 

ここから、昔好きだった曲を今聞いたらチープに感じたなんて話をすればいい話になるのだろうけど。今日はそういう話の気分じゃない。

夏だ。夏は怖い話をするものだ。

 

昔から死ぬのが怖い。

いつかは怖くなくなるのだろうか。なんで怖かったかわからなくなって、昔はあんなに怖かったものを怖がりもせずに招き入れるのだろうか。それともやっぱり怖いのだろうか。

どちらもやだな。どちらも怖いな。

 

行動原理論

行動原理、もしくは願望とか意欲というものは、人間の行動の根幹に関わるものの割に単純じゃないなぁと思う。

 

行動をしたからには多かれ少なかれ何かしらの意欲があり、それにはしたいという気持ち、願望等が多かれ少なかれ含まれているはずである。行動原理というか。

 

「美味しいものが食べたい」は多分、願望である。

では、「美味しいものが食べたいけれど出かけるのがめんどくさいので家にあるもので済ます」は願望の結果の行動だろうか。「美味しいものを食べたい」と「家から出たくない」という願望が合わさった結果、「家にあるものを食べたい」という願望が発生したとも言えるかもしれないが、それを願望や意欲と言っていいものだろうか。あえて言葉にするのならば妥協だろうけれどこれはしたいとかしたくないとかそういうニュアンスを含む言葉なのだろうか。というか、そもそも「家から出たくない」のような消極的な願望(という語彙を便宜的に使うが)を願望と言っていいのだろうか。そういう語彙ってあるのだろうか。

 

いやいや、まだこれは自分の願望同士のぶつかり合いで即物的だからまだいい。

例えば、「ラーメンが食べたい」という願望と、「デート相手がラーメンやさんとか連れてくと好感度を落としてくるかもしれない」があったとして、「意外とガッツリ系のイタリアンのレストランに一緒に行く」という行動を取ったとする。

これはどうなのだろう、一個前の例ともまた異なるパターンである。前のパターンと異なり今回は自分のことだけでなく、他人のことが絡んでいる。「相手の気持ちを慮って自分の何かを譲る行為」は自分の願望や意欲と別の分けられたものとして捉えられるべきだろうか。相手を喜ばせようとしてと、相手を怒らせたくないからでは意欲の質が異なるか。さらにこれは確率的な、将来的な期待値を含んでいるという点でも異なる。今、我慢することで危険性の回避、また今の若干のマイナスが将来のプラスとなる可能性で、今の気の乗らない気持ちを乗り切る。これは意欲的な行為であるか。

 

 

今まさに即物的に反射的にやりたくない、即物的に反射的にやりたいという気持ち(ex.美味しいものを食べたい)、例えば将来を見据え総合的に判断して意思決定でやろうとする意欲(ex.お金が欲しいので働く) (短期x長期)

やりたいという気持ちとやりたくないという気持ち(積極的x消極的)

他人が絡むか絡まないか(自己x他者)

 

意欲や願望、行動原理はもっと細かく細かく切り分けられると話をするうえで便利だと思うのだけれども、うまく切り分けられる語彙を僕は知らない。

 

ぐだぐだいったが長期的な行動原理に基づく意思決定を、短期的な意欲に変換したいなと思うわけです。何が言いたいかというと、美味しいものが食べたい、働きたくない、デートしたい。

 

幸せに生きたいですね。

ふわっとわーど、くらうどわーど。

ステーキのウェルダンがwell-doneだと気づくのに3年かかった。

そもそも、ステーキなんてそうそう食べる機会もないし、ウェルダンだとかレアだとか使う機会もないのだけど、意味としては知っていた。当然、wellもdoneも知っていた。

 

ある日、ふと気づいた。あっ、ウェルダンってwell doneなのか。それぞれ別の場所にちょこちょこ保存されていた言葉が繋がった瞬間である。だから、なんだというわけでもないのだけど。それで特に僕のウェルダンに対する価値観が変わるわけでもなかったのだけど。あぁ、言葉ってこんな感じでふわっと保存されてるのだなぁ思った。

 

子供の頃、もっと言葉はもやっと保存されていた気がする。昔は、結構ゲームをやっていたのだけれども僕はポケモン世代である。

10まんボルトや、ようかいえき、かえんほうしゃ

ボルトや溶解、火炎放射、当時の僕には当然なんのことやらわかっていなかったけど、"でんき"や、"どく"や"ほのお"に関係あることはなんとなーくそれで覚えたと思う。いつ、それがそういう意味だと気付いたかは覚えていない。

 

そして、よくよく考えれば、当時の僕はそれがふわっとした言葉だとも思っていなかった。そういうものだと思っていた。なんとなく今までどこかで見た言葉の使われ方たちからふわっと意味も引き出して使っているのだろう。出会った数は言うなれば言葉の練度で、きっとそれが足りないまま使っている言葉もいっぱいあるのだろーなー。

なんとなく思ったことをつなぎ合わせて吐き出しただけで、だからなんだと言われればなんでもない。この文章も、何が言いたいかはっきりしないまま、ふわっと終わる。